広島カープ・松山竜平の契約更改2017、勝負強いベテランの年俸は??

      2017/03/21

カープ・松山竜平の2016年の活躍は??

2016年、カープのぶっちぎり優勝に関しては、田中、菊池、丸、新井、鈴木誠也などの名前を挙げる方が多いと思いますが、もちろん、活躍したのは彼らだけではありません。

控え選手の活躍も大きく、特に松山選手の活躍なしではカープの優勝は語れないのではないかと思います。

2016年の成績はというと、

「103試合に出場、打率.291、本塁打10、打点41」

となっており、もしフル出場となるともっと成績は伸びていたかもしれません。

そして、松山選手といえば、右ピッチャーにめっぽう強く、

打率.293(222打数65安打)、本塁打9、打点34

という成績で、主に先発ピッチャーが左の場合、4番スタメンで出場することが多かったですが、左ピッチャーもそこまで苦にすることなく、

打率.281(32打数9安打)、本塁打1、打点7

で、安定した成績を残しています。

さらに印象に残るホームランも多く、日本シリーズ第1戦での大谷翔平選手からもホームランを放っています。

なお、松山選手VS大谷選手は、通算.500(4打数2安打)、2本塁打、3打点、出塁率.600となっており、一部では「大谷キラー」とも言われている選手です。

とにかく、速球派の右ピッチャーにめっぽう強く、あの阪神・藤浪晋太郎投手との相性もバツグンにいい選手なので、2017年は松山選手に注目するとさらにカープを楽しむことができます。

2017年レギュラーは??

やはり松山選手としてもレギュラーで出たいところでしょうけど、カープにはいかんせん外野手のライバルが多すぎます。

「鈴木誠也」、「丸佳浩」、「エルドレッド」

この3人に割って入らなければなりませんが、さらに、

「下水流昂」、「天谷宗一郎」

のように守備のうまい選手よりも守備で成果を挙げなくてはならないので、攻守で結果を残す必要があります。

しかしながら、ベンチとしては、試合展開にもよりますが、代打の切り札的に終盤で起用できたりするので、チームにとっては非常にありがたい選手ですよね。

2017年の年俸は??

そんな松山選手ですが、2016年の年俸は2800万円でしたが、何と2017年は、

1200万円アップの「4000万円

で契約を更改しました。

来季の目標も

「新井選手からレギュラーを奪う」

とのことでチーム内での競争も激化しそうですね。

スポンサーリンク

 - 広島カープがぶち好きじゃけー