広島カープ・契約更改2017、一岡竜司の年俸は??

      2017/03/21

スポンサーリンク

かつてのセットアッパー・一岡竜司の成績は??

2014年、大竹寛投手の人的補償で巨人からカープに移籍し、見事大ブレークを果たした一岡投手。

2014年は「31試合、2勝0敗2セーブ16ホールド、防御率0.58

という好成績で、チームを支えてきた右腕でしたが、

2015年は「38試合、2勝4敗1セーブ7ホールド、防御率4.14

で少し精彩を欠きましたが、2016年は再び強い一岡投手が戻ってきたという印象を受けました。

成績は、

「27試合、1勝1敗5ホールド、防御率1.82」

しかも「被本塁打0」という意外とすごい成績で今シーズンを終えました。

一岡選手は、2015年はシーズン途中で肩の故障により登板できなくなったこともあったのですが、2016年に見事に復活してくれました。

しかしながら私たちファンは、一岡選手ならまだまだできると信じており、完全復活を期待してやみません。

2017年の球団別の対戦成績は??

対ヤクルト「3試合、0勝0敗、防御率0.00」

対巨人  「5試合、1勝0敗2ホールド、防御率0.00」

対阪神  「9試合、0勝1敗1ホールド、防御率3.72」

対中日  「4試合、0勝0敗1ホールド、防御率0.00」

対DeNA「4試合、0勝0敗1ホールド、防御率2.70」

です。

意外にも阪神を苦手としているようですが、一方で、古巣の巨人には強いようですね。2017年も期待できそうですが、今村投手、ジャクソン投手と違い、肩に不安があるので、様子を見ながら、徐々に出場機会を増やすことが大事であると考えます。

2017年の年俸は??

一岡選手の年俸は2016年2400万円でしたが、2016年の成績を評価され、何と、

400万円アップの「2800万円」で更改したそうです。

おめでとうございます。

まとめ

一岡投手はおそらく中継ぎ中心の活躍となるんじゃないかと思います。

後ろの「今村」、「ジャクソン」、「ヘーゲンズ」、「中田廉」、「中﨑」がしっかりしているので、そこにつなぐという意識を持っていってほしいですよね。

スポンサーリンク

 - 広島カープがぶち好きじゃけー