広島カープの新外国人2017、ライアン・ブレイシアとは??

      2017/03/21

スポンサーリンク

カープのセットアッパー候補、ライアン・ブレイシアは活躍できる??

12月18日、カープに新戦力加入のニュースが入ってきました。

なんと、新外国人選手加入のニュースです。

今回獲得する選手は、

ライアン・ブレイシア投手(背番号70)

セットアッパー候補です。

ライアン・ブレイシア投手は、大リーグ・アスレチックス傘下の3Aの選手で、

身長182㎝、体重102、右投げ右打ち

1987年8月26日生まれの29歳

契約内容は、「年俸47万5000ドル(約5600万円)プラス出来高払い」

です。

年齢的にはとてもいい時期の選手で、期待が持てますね。

マイナーの選手ですが、2013年にはメジャーも経験している右腕で

「7試合すべて救援で登板、0勝0敗、防御率2.00」

という成績でした。悪くないですね。ちなみに2016年マイナー(3A)では、

「46試合に登板(60回2/3)、5勝3敗、防御率3.56」

という成績を残しています。

注目したいポイントは登板数ですね。2016年のジャクソン投手や今村選手ほどではないですが、中継ぎとしての経験も豊富で、特に夏場で中継ぎ陣が疲れてくる時期に期待したいですね。

最近のカープの外国人選手は当たりが多く、ブレイシア選手も成功するんじゃないかと思います。

2017年の中継ぎ陣はどうなる??

ご存知のとおり、カープにはいい中継ぎ陣が揃っており、起用について悩むところですよね。

特に外国人に関しては登録できる枠が限られているので、

「ジョンソン投手」

「ヘーゲンズ投手」

「ジャクソン投手」

「エルドレッド選手」

そして、「ブレイシア投手

この中から常に1人は二軍にいなくてはならない状況なので、緒方監督の戦略がキーポイントとなりそうですね。

また、ジャクソン投手は2017年、60試合以上に登板したのでその疲労からか、2016年ほどの活躍はできないかもしれないので、素人的に見てもいい補強となるのではないでしょうか。

また、中田廉、今村猛、一岡竜司といった日本人中継ぎ陣にとってもいい刺激になると期待できます。

これを見ていいイメージを持って2017年こそ日本一!!共に戦いましょう!!

CARP2016熱き闘いの記録 V7記念特別版 ~耐えて涙の優勝麗し~ 【DVD2枚組】

スポンサーリンク

 - 広島カープがぶち好きじゃけー